ITパスポートとは?

「ITパスポート」とは、2009年度に新しく設立された『情報処理』試験の1つです。経済産業省が認定する国家【資格】でもあります。以前は、初級シスアドという試験がありましたが、それが「ITパスポート」と同等レベルの試験だったとされています。『情報処理』試験の中では、最も初級にあたる【資格】試験になります。現代は、IT時代といっても過言ではありませんよね。どんな職種でも、何かしらパソコンを使って仕事をしているのではないでしょうか。この【資格】は、どのような職種であっても会社で働く人にとって、知っておくべき情報技術の基礎的な事を対象としています。情報技術に関わっていく仕事はもちろん、直接『情報処理』とは関係のない仕事であっても、自分の持っている情報技術の知識をその仕事に活かしていこうとする人が取得する【資格】です。今までの社会は、「読み・書き・計算力」が必要とされてきました。しかし、これからは、それに加え、「IT力」や「英語力」も必要だといわれています。特にパソコン力はこれからの社会では必要不可欠なものになってきているのです。ITを正しく理解して、仕事に活用していけるように、この【資格】は設立されました。これから社会人になる学生の方、社会人になって間もない方などの若い世代の方が数多くこの【資格】を受験しています。でも、若い世代の方よりも、むしろ、パソコンを苦手としている世代の方が取得した方がいい【資格】かもしれません。引越し見積もり一括サービスは同市内から遠距離までOK!